トップページへ

富士急ハイランドコニファーフォレスト

contents
岡崎朋美選手
富士急スケート部
 菊池彩花選手
 松岡芙蓉選手
 押切美沙紀選手
 高山梨沙選手
 清水知美マネージャー
シーズンの記憶
F-gallery(写真館)
リンクを去った選手たち
観戦・応援のための覚書
リンク集
BBS(ゲストブック)
トップ富士急スケート部清水知美マネージャー

富士急スケート部

SHIMIZU, Tomomi 2006.4.1update
清水知美(しみず・ともみ)マネージャー
1978年4月12日・北海道帯広市生まれ。
白樺学園高を経て1997年富士急へ。
2004/2005シーズンより、スケート部マネージャー。
2000mリレー日本記録保持者

清水知美マネージャー
(撮影:ひらた)
W杯初レース(高3)で、島崎京子さんの持つ500mジュニア世界記録を更新。以来、長く日本代表の一員として世界を転戦してきました。
170cmと、女子では世界に引けをとらない長身を武器に、2000年1月のW杯カルガリー大会では500mで自身初の38秒台を記録、世界トップスプリンターの領域に。

繊細で粘りのあるレース運びでリンクレコードを塗り替えることもしばしば。穏やかさと闘志を併せ持つ富士急スケーターの1人でしたが、足の故障で残念ながら現役を退かれてしまいました。

2005年1月の全日本実業団では、富士急チームの一員として“現役復帰”、500mで表彰台をゲットしたのはさすがでした。
選手に一番近い位置からチームを支える清水さんにも、変わらぬ応援の気持ちを送ります!

エピソード
ソルトレーク五輪の最中に八戸で開かれた全日本実業団で、「五輪見てますか?」と聞くと、「悔しいから見てません」。清水選手の闘争心に、頼もしい思いがしました。静かに見えますが、けっこう話好き。
   

このコーナーの目次へ  


このサイトについて

国内主要リンク案内
トップページへ このページの先頭へ